2022年7月13日公開の Windows Update (KB5015814)を手動実行してみました

Windows 11

KB5015814を適用したPCのWindowsのバージョン

以下のWindows機に、適用してみました。

この記事は、Windows11 PC の記事になります。

Windows 10 PC をお使いの方は、こちらからご確認いただけます。

2022年7月13日公開の Windows Update (KB5015807)を手動実行してみました
KB5015807を適用したPCのWindowsのバージョン 以下のWindows機に、適用してみました。 Windows10 PC です。 本日のWindows Update で KB5015807 が適用されました ...

本日のWindows Update で KB5015814 が適用されました

本日は、累積更新プログラム(KB5015814)が公開されました。

Windows 11 の累積更新プログラム KB5015814

こちらから、累積更新プログラム KB5015814 の内容を確認できます。

2022 年 7 月 12 日 — KB5015814 (OS ビルド 22000.795)

ハイライト 

  • Windows オペレーティング システムのセキュリティの問題を修正します。

改善点

このセキュリティ更新プログラムには、 更新プログラム KB5014668 (2022 年 6月 23 日リリース) の一部であった機能強化が含まれており、次の問題にも対処します。

  • トランスクリプト ログにコンテンツが含まれていないように PowerShell コマンド出力をリダイレクトする問題に対処します。 PowerShell ログを有効にすると、トランスクリプト ログに暗号化解除されたパスワードが含まれる場合があります。 その結果、トランスクリプト ログは暗号化解除されたパスワードを失います。

この更新プログラムには、既知の問題がありますが、回避策が掲載されています。
セキュリティの問題に対応するアップデートなので、適用させておきたいところです。

2022 年 7 月のセキュリティ更新プログラムは、こちらから確認できます。

Security Update Guide - Microsoft Security Response Center

まとめ

本日(2022年7月13日に)提供された Windows Update で、累積更新プログラム KB5015814 が適用されました。

手持ちのデスクトップパソコンでは、

再起動表示が出るまで:約10分半
再起動からアップデート完了まで:約1分(途中1回再起動あり)
でした。

「ダウンロード中 – 5%」 で、2分半程度変化しませんでした。
「インストール中 – 25%」 で、2分程度変化しませんでした。
「インストール中 – 34%」 で、30秒程度変化しませんでした。
「インストール中 – 69%」 で、30秒程度変化しないといった過程を経て、再起動表示が出ました。

本日のアップデートで、

KB5015814適用前
エディション Windows 11 Pro
バージョン 21H2
インストール日 ‎2022/‎02/08
OS ビルド 22000.739
エクスペリエンス Windows 機能 エクスペリエンス パック 1000.22000.739.0

KB5015814適用後
エディション Windows 11 Pro
バージョン 21H2
インストール日 ‎2022/‎02/08
OS ビルド 22000.795
エクスペリエンス Windows 機能 エクスペリエンス パック 1000.22000.795.0

OS ビルドが 22000.739 から 22000.795 に変わり、エクスペリエンス Windows 機能 エクスペリエンス パックが 1000.22000.739.0 から 1000.22000.795.0 に変わりました。

  • 表示されていたオプションの品質更新プログラム(KB5014668)
Windows Update に KB5014668 (オプションの品質更新プログラム)が表示されました
確認したWindowsのバージョン 以下のWindows11 機で、確認しました。 2022年6月24日に、オプションの品質更新プログラム(KB5014668)が表示されました。 オプションの品質更新プログラムの内...

こちらは、表示されなくなりました。

 

セキュリティ更新プログラム リリース スケジュール (2022 年) は、こちらから確認できます。

セキュリティ更新プログラム リリース スケジュール (2022 年) – Microsoft Security Response Center
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました