Windows10、バージョン 21H1 の機能更新プログラムをインストールしてみました

21H1が、降りてきました

Windows Updateを手動実行したところ、最新版のWindows10、バージョン 21H1 が表示されました。

Windows 10 のバージョンが上がりますので、さっそく適用してみることにしました。

ダウンロードしてインストールを実行

Windows Update からの機能更新プログラムが表示されましたので、「ダウンロードしてインストール」を左クリックしてみました。

3分程度で、機能更新プログラムが適用され、Windows10、バージョン 21H1 になりました。

もう一度、手動でWindows Update の実行

念のため、Windows10、バージョン 21H1に更新された直後に、Windows Updateを手動実行してみました。

オプションの品質更新プログラムが表示されました。

2021-05x64 ベース システム用 Windows 10 Version 21H1 の累積更新プログラム(KB5003214)

こちらの項目に掲載されるアップデートはセキュリティの更新ではない模様で、次回の定期Windows Updateで提供されることと思います。

このため、今回は適用を見送ることにしました。

まとめ

Update時間が3分程度と短いので、どうやら小規模のバージョンアップのようです。

今のところ、Windows10、バージョン 21H1で不具合は見受けられていません。

不具合が見受けられたら、手動で KB5003214 適用を行う予定です。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました