KB5005101 (オプションの品質更新プログラム)を適用してみました

KB5005101を適用したPCのWindowsのバージョン

以下のWindows機に、適用してみました。

今回、KB5005101(オプションの品質更新プログラム)の適用を試みたのは、不具合が見受けられたためではありません。
不具合が無い場合は、9月15日に公開される定例Windows Update を待つことをお奨めします。

セキュリティ更新プログラム リリース スケジュール (2021 年) – Microsoft Security Response Center

現在、このPCは、Windowsのバージョンが20H2のため、KB5005101の適用で、Windows 10 インサイダープレビュー ビルド 19044.1200 (21H2) が適用されるか確認しました。

このPCでは、ハードウェアに起因する不具合が取り除けていないがために、21H1が、Windows Update に表示されないと考えられます。このため、KB5005101の適用で21H2が適用されないかもしれません。

KB5005101に関しましては、こちらから確認できます。

Windows Update に KB5005101 (オプションの品質更新プログラム)が表示されました
確認したWindowsのバージョン 以下のWindows機で、確認しました。 このように、オプションの品質更新プログラム(KB5005101)が表示されました。 オプションの品質更新プログラムの内容 KB5005...

KB5005101の適用

KB5005101 以外の全ての Windows Update が適用されている状態です。

この状態から「ダウンロードしてインストール」をクリックしてKB5005101を適用します。

ダウンロードは、問題なく行われました。

インストールも問題なく行われました。

再起動して、KB5005101が適用されました。適用の際に不具合は見受けられませんでした。

結果

再起動表示が出るまで:約28分
再起動からアップデート完了まで:約5分(途中1回再起動あり)
でした。

KB5005101適用前は、
エディション   Windows 10 Pro
バージョン    20H2
インストール日  ‎2021/‎04/‎17
OS ビルド     19042.1165
エクスペリエンス Windows Feature Experience Pack 120.2212.3530.0
でした。

KB5005101適用後は、
エディション    Windows 10 Pro
バージョン     20H2
インストール日  ‎ 2021/‎04/‎17
OS ビルド     19042.1202
エクスペリエンス Windows Feature Experience Pack 120.2212.3530.0

になりました。

  • 21H2は適用されませんでした(Windows バージョンは、20H2 で変わりませんでした)
  • OS ビルドが 19042.1165 から 19042.1202 に変わりました

このPCは、Windows バージョンは、20H2 のままでした。
現在のWindows バージョンを確認して、既知の不具合などを確認の上、21H2の適用は行わず、OS ビルドの更新のみと判断した模様です。

KB5005101 は、不具合が見受けられなければ、9月15日に公開される定例Windows Update を待つ方が賢明と言えます。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました