Windows10 バージョン 21H2 の機能更新プログラムをインストールしてみました

21H2(KB5003791)が、Windows Update に表示されました

Windows Updateを手動実行したところ、最新版のWindows10、バージョン 21H2 の機能更新プログラム( November 2021 Update )が表示されました。

21H2 適用前は、こちらのとおりです。

Windows 10 のバージョンが上がりますし、セキュリティ強化が含まれていますので、さっそくダウンロードしてインストールを行ってみました。

ダウンロードしてインストールを実行

Windows Update に機能更新プログラムが表示されましたので、「ダウンロードしてインストール」を左クリックしてみました。

ダウンロード・「再起動が必要です」の表示が出るまで3分程度です。
(状態: インストール中 – 0% が、2分程度続きました)

再起動からアップデート完了までは1分程度(途中1回再起動発生)で、機能更新プログラムが適用され、Windows10、バージョン 21H2 になりました。

もう一度、手動でWindows Update の実行

Windows Update 後に新たなアップデートが表示されることもありますので、念のため、Windows10、バージョン 21H2に更新された直後に、Windows Updateを手動実行してみました。

このPCでは、新たなアップデートはありませんでしたが、お手持ちのPC次第では、新たなアップデートが表示されることもありますので、手動でアップデート確認は行っておくほうがよろしいかと思います。

まとめ

これで、Windows10、バージョン 21H2 の機能更新プログラム( November 2021 Update )が適用されました。

21H2適用前
エディション Windows 10 Home
バージョン 21H1
インストール日 ‎2021/‎01/‎20
OS ビルド 19043.1348
エクスペリエンス Windows Feature Experience Pack 120.2212.3920.0

21H2適用後
エディション Windows 10 Home
バージョン 21H2
インストール日 ‎2021/‎01/‎20
OS ビルド 19044.1348
エクスペリエンス Windows Feature Experience Pack 120.2212.3920.0

OS ビルドが 19043.1348 から 19044.1348 に変わりました。
エクスペリエンス (Windows Feature Experience Pack) は、
120.2212.3920.0 から変化ありませんでした。

ご参考

KB5003791: 有効化パッケージ Windows 10バージョン 21H2 を更新

KB5003791: Update to Windows 10, version 21H2 by using an enablement package

前提条件

有効化パッケージを使用して Windows 10 バージョン 21H2 に更新する前に、Windows 10、バージョン 2004、20H2、または 21H1 を実行している必要があります。 この更新プログラムを適用する前に、次の前提条件がインストールされている必要があります。

Windows 10 バージョン 21H2 の新機能

Windows 10 バージョン 21H2 の IT プロフェッショナル向けの新機能 - What's new in Windows
サービス更新プログラム、Linux 用 Windows サブシステム、最新の CSP など、Windows 10 バージョン 21H2 の新機能について説明します。

使用中の Windows オペレーティング システムのバージョンを確認する

使用中の Windows オペレーティング システムのバージョンを確認する
PC で実行している Windows オペレーティング システムのバージョンとデバイスの仕様を確認する方法をご覧ください。

Windows 10 でオペレーティング システムの情報を見つける

お使いのデバイスで実行中の Windows のバージョンを確認するには、Windows ロゴ  キー + R を押し、[開く] ボックスに「winver」と入力して、[OK] を選択します。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました