Windows Update に KB5014019 (オプションの品質更新プログラム)が表示されました

Windows 11

確認したWindowsのバージョン

以下のWindows11 機で、確認しました。

本日(2022年5月25日)このように、オプションの品質更新プログラム(KB5014019)が表示されました。

オプションの品質更新プログラムの内容

KB5014019 は、こちらから確認できます。

May 24, 2022—KB5014019 (OS Build 22000.708) Preview

※日本語ページが確認でき次第、差し替えます。

Highlights

  • New! Improves the Family Safety verification experience for a child account when you send a request for additional screen time.
  • New! Windows spotlight on the desktop brings the world to your desktop with new background pictures. With this feature, new pictures will automatically appear as your desktop background. This feature already exists for the lock screen. To turn on this feature, go to Settings > Personalization > Background > Personalize your background. Choose Windows spotlight.
  • Addresses an issue that fails to maintain the display brightness after you change the display mode.
  • Addresses an issue that affects the IE mode window frame.
  • Addresses an issue that prevents internet shortcuts from updating.
  • Addresses an issue that causes an Input Method Editor (IME) to discard a character if you enter the character while the IME is converting previous text.
  • Addresses an issue that causes Widgets to appear on the wrong monitor when you hover over the Widgets icon on the taskbar.
  • Adds animation to the Widgets icon when you click or tap the icon and the taskbar is aligned on the left.
  • Addresses an issue that affects the rendering of the default Widgets icon on a taskbar that is aligned in the center.
  • Addresses an issue that causes blurry app icons in Search results when the display’s dots per inch (dpi) scaling is greater than 100%.
  • Addresses an issue that causes file copying to be slower.
  • Addresses an issue that fails to automatically give the search box input focus when you select the Start menu and start typing.

Improvements

This non-security update includes quality improvements. Key changes include:

  • New!  Improves the Family Safety verification experience for a child account when you send a request for additional screen time.
  • New! Windows spotlight on the desktop brings the world to your desktop with new background pictures. With this feature, new pictures will automatically appear as your desktop background. This feature already exists for the lock screen. To turn on this feature, go to Settings > Personalization > Background > Personalize your background. Choose Windows spotlight.
  • Addresses an issue that causes the Input (TextInputHost.exe) app to stop working.
  • Addresses an issue in searchindexer.exe that affects the search for shapes in Microsoft Visio.
  • Prevents users from bypassing forced enrollment by disconnecting from the internet when they sign in to Azure Active Directory (AAD).
  • Addresses an issue that might run an AnyCPU application as a 32-bit process.
  • Addresses an issue that prevents Azure Desired State Configuration (DSC) scenarios that have multiple partial configurations from working as expected.
  • Addresses an issue that affects remote procedure calls (RPC) to the Win32_User or Win32_Group WMI class. The domain member that runs the RPC contacts the primary domain controller (PDC). When multiple RPCs occur simultaneously on many domain members, this might overwhelm the PDC.
  • Addresses an issue that occurs when adding a trusted user, group, or computer that has a one-way trust in place. The error message, “The object selected doesn’t match the type of destination source” appears.
  • Addresses an issue that fails to display the Application Counters section in the performance reports of the Performance Monitor tool.
  • Addresses an issue that fails to maintain the display brightness after you change the display mode.
  • Addresses an issue that might affect some apps that use d3d9.dll with certain graphics cards and might cause those apps to close unexpectedly.
  • Addresses an issue that affects the IE mode window frame.
  • Addresses an issue that affects Group Policy templates.
  • Addresses an issue that prevents internet shortcuts from updating.
  • Addresses an issue that causes some users to see a black screen when they sign in and sign out of Windows.
  • Addresses an issue that causes an Input Method Editor (IME) to discard a character if you enter the character while the IME is converting previous text.
  • Addresses an issue that affects the Desktop Duplication API, which affects display orientation and causes a black image to appear on the screen.
  • Addresses an issue that causes print failures when a low integrity level (LowIL) application prints to a null port.
  • Addresses an issue that prevents BitLocker from encrypting when you use the silent encryption option.
  • Addresses an issue that leads to a false negative when you run scripts while Windows Defender Application Control (WDAC) is turned on. This might generate AppLocker events 8029, 8028, or 8037 to appear in the log when they should not .
  • Addresses an issue that occurs when you apply multiple WDAC policies. Doing that might prevent scripts from running when the policies allow scripts to run.
  • Addresses an issue that affects the Trusted Platform Module (TPM) driver, which might increase the system’s startup time.
  • Addresses an issue that might cause the Remote Desktop client application to stop working when you end a session.
  • Addresses an issue that affects the behavior and shape orientation of a mouse cursor for Microsoft Defender Application Guard (MDAG), Microsoft Office, and Microsoft Edge. This issue occurs when you turn on a virtual graphics processing unit (GPU).
  • Addresses an issue that causes Widgets to appear on the wrong monitor when you hover over the Widgets icon on the taskbar.
  • Adds animation to the Widgets icon when you click or tap the icon and the taskbar is aligned on the left.
  • Addresses an issue that affects the rendering of the default Widgets icon on a taskbar that is aligned in the center.
  • Addresses an issue that fails to make the options Run as administrator and Open file location available for certain results when you search from the taskbar.
  • Addresses an issue that fails to automatically give the search box input focus when you select the Start menu and start typing.
  • Addresses an issue that causes blurry app icons in Search results when the display’s dots per inch (dpi) scaling is greater than 100%.
  • Addresses an issue that causes file copying to be slower because of a wrong calculation of write buffers within cache manager.
  • Addresses an issue that might cause a system to stop responding when a user signs out if Microsoft OneDrive is in use.
  • Addresses a known issue that might prevent recovery discs (CD or DVD) from starting if you created them using the Backup and Restore (Windows 7) app in Control Panel. This issue occurs after installing Windows updates released January 11, 2022 or later.
  • Addresses a known issue that affects certain GPUs and might cause apps to close unexpectedly or cause intermittent issues that affect some apps that use Direct3D 9. You might also receive an error in the Event Log in Windows Logs/Applications, and the faulting module is d3d9on12.dll and the exception code is 0xc0000094.

 

ハイライト

  • 新機能!追加のスクリーンタイムの要求を送信するときの子供用アカウントのファミリー セーフティの確認エクスペリエンスが向上します。
  • 新機能! デスクトップ上のWindowsスポットライトは、新しい背景画像でデスクトップに世界をもたらします。この機能を使用すると、新しい画像がデスクトップの背景として自動的に表示されます。この機能は、ロック画面には既に存在します。この機能をオンにするには、[背景の設定] > [パーソナライゼーション] > [背景>パーソナライズ] に移動します。 [ウィンドウズ スポットライト] を選択します。
  • ディスプレイモードを変更した後、ディスプレイの明るさを維持できない問題を修正します。
  • IE モードのウィンドウ フレームに影響する問題を修正します。
  • インターネット ショートカットの更新を妨げる問題を修正します。
  • IME が前のテキストを変換している間に文字を入力すると、入力方式エディター (IME) が文字を破棄する問題を修正します。
  • タスクバーのウィジェットアイコンにカーソルを合わせると、ウィジェットが間違ったモニターに表示される問題を修正します。
  • アイコンをクリックまたはタップすると、ウィジェットアイコンにアニメーションが追加され、タスクバーが左側に配置されます。
  • 中央に揃えられたタスクバーのデフォルトのウィジェットアイコンのレンダリングに影響する問題を修正します。
  • ディスプレイの dpi (ドット/インチ) スケーリングが 100% を超えると、検索結果にアプリ アイコンがぼやける問題を修正します。
  • ファイルのコピーが遅くなる問題を修正します。
  • [スタート] メニューを選択して入力を開始したときに、検索ボックスに入力フォーカスを自動的に与えない問題を修正します。

改善

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の向上が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

  • 新機能! 追加のスクリーンタイムの要求を送信するときの子供用アカウントのファミリー セーフティの確認エクスペリエンスが向上します。
  • 新機能!デスクトップ上のWindowsスポットライトは、新しい背景画像でデスクトップに世界をもたらします。この機能を使用すると、新しい画像がデスクトップの背景として自動的に表示されます。この機能は、ロック画面には既に存在します。この機能をオンにするには、[背景の設定] > [パーソナライゼーション] > [背景>パーソナライズ] に移動します。 [ウィンドウズ スポットライト] を選択します。
  • 入力 (TextInputHost.exe) アプリが動作を停止する問題を修正します。
  • Microsoft Visio での図形の検索に影響する searchindexer.exe の問題を修正します。
  • ユーザーが Azure Active Directory (AAD) にサインインするときにインターネットから切断することにより、強制登録をバイパスできないようにします。
  • AnyCPU アプリケーションを 32 ビット プロセスとして実行する可能性のある問題を修正します。
  • 複数の部分的な構成を持つ Azure の望ましい状態構成 (DSC) シナリオが期待どおりに機能しなくなる問題を修正します。
  • Win32_User または WMI クラスに対するリモート プロシージャ コール (RPC) に影響する問題Win32_Groupします。RPC を実行するドメイン メンバーは、プライマリ ドメイン コントローラー (PDC) に接続します。複数の RPC が多数のドメイン メンバーで同時に発生すると、PDC が圧倒される可能性があります。
  • 一方向の信頼が設定されている信頼されたユーザー、グループ、またはコンピューターを追加するときに発生する問題を修正します。「選択したオブジェクトは宛先ソースのタイプと一致しません」というエラーメッセージが表示されます。
  • パフォーマンス モニター ツールのパフォーマンス レポートの [アプリケーション カウンター] セクションを表示できない問題を修正します。
  • ディスプレイモードを変更した後、ディスプレイの明るさを維持できない問題を修正します。
  • 特定のグラフィックス カードで d3d9.dll を使用する一部のアプリに影響し、それらのアプリが予期せず終了する可能性がある問題を修正します。
  • IE モードのウィンドウ フレームに影響する問題を修正します。
  • グループ ポリシー テンプレートに影響する問題を修正します。
  • インターネット ショートカットの更新を妨げる問題を修正します。
  • 一部のユーザーが Windows からサインインおよびサインアウトするときに黒い画面が表示される問題を修正します。
  • IME が前のテキストを変換している間に文字を入力すると、入力方式エディター (IME) が文字を破棄する問題を修正します。
  • デスクトップ複製 API に影響し、表示の向きに影響し、黒い画像が画面に表示される問題を修正します。
  • 整合性レベル (LowIL) の低いアプリケーションがヌル ポートに印刷するときに印刷エラーが発生する問題を修正します。
  • サイレント暗号化オプションの使用時に BitLocker が暗号化できない問題を修正します。
  • Windows Defender アプリケーションコントロール (WDAC) がオンになっているときにスクリプトを実行すると、誤検知が発生する問題を修正します。これにより、AppLocker イベント 8029、8028、または 8037 が生成され、ログに表示されない場合があります。
  • 複数の WDAC ポリシーを適用するときに発生する問題を修正します。これを行うと、ポリシーでスクリプトの実行が許可されているときにスクリプトが実行できなくなる可能性があります。
  • トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) ドライバーに影響し、システムの起動時間が長くなる可能性がある問題を修正します。
  • セッションの終了時にリモート デスクトップ クライアント アプリケーションが動作を停止する可能性がある問題を修正します。
  • Microsoft Defender Application Guard (MDAG)、Microsoft Office、および Microsoft Edge のマウス カーソルの動作と図形の向きに影響する問題を修正します。この問題は、仮想グラフィックス処理装置 (GPU) をオンにしたときに発生します。
  • タスクバーのウィジェットアイコンにカーソルを合わせると、ウィジェットが間違ったモニターに表示される問題を修正します。
  • アイコンをクリックまたはタップすると、ウィジェットアイコンにアニメーションが追加され、タスクバーが左側に配置されます。
  • 中央に揃えられたタスクバーのデフォルトのウィジェットアイコンのレンダリングに影響する問題を修正します。
  • タスク バーから検索するときに、[管理者として実行] オプションと [ファイルの場所を開く] を特定の結果で使用できない問題を修正します。
  • [スタート] メニューを選択して入力を開始したときに、検索ボックスに入力フォーカスを自動的に与えない問題を修正します。
  • ディスプレイの dpi (ドット/インチ) スケーリングが 100% を超えると、検索結果にアプリ アイコンがぼやける問題を修正します。
  • キャッシュ・マネージャー内での書き込みバッファーの計算が誤っているためにファイルのコピーが遅くなる問題を修正します。
  • Microsoft OneDrive が使用されている場合に、ユーザーがサインアウトしたときにシステムが応答を停止する可能性がある問題を修正します。
  • コントロール パネルのバックアップと復元 (Windows 7) アプリを使って回復ディスク (CD または DVD) を作成した場合に、回復ディスク (CD または DVD) が起動できなくなる可能性がある既知の問題を修正します。この問題は、2022 年 1 月 11 日以降にリリースされた Windows 更新プログラムをインストールした後に発生します。
  • 特定の GPU に影響し、アプリが予期せず終了したり、Direct3D 9 を使用する一部のアプリに影響する断続的な問題を引き起こす可能性がある既知の問題に対処します。また、Windows ログ/アプリケーションのイベント ログでエラーが表示され、障害が発生しているモジュールが d3d9on12 で.dll例外コードが0xc0000094れることもあります。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれる新しい更新プログラムのみがデバイスにダウンロードされ、インストールされます。

ウィンドウズ 11 サービス スタック更新プログラム – 22000.702この更新プログラムは、Windows 更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービス スタックの品質を向上させます。サービス スタック更新プログラム (SSU) を使用すると、デバイスが Microsoft の更新プログラムを受信してインストールできるように、堅牢で信頼性の高いサービス スタックを確保します。

.NET Framework 3.5 用の2022-05累積的な更新プログラムのプレビューと x64 (KB5013889) のWindows 11 用の 4.8 も適用されました

.NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラム プレビュー (Windows 11 ) が同時に適用されました。

2022 年 5 月 24 日-KB5013889 .NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラム プレビュー (Windows 11 ) は、こちらから確認できます。

2022 年 6 月 14 日-KB5013889 .NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラム (Windows 11

概要

セキュリティの機能強化

このリリースでは、新しいセキュリティの機能強化はありません。 この更新プログラムは累積的であり、以前にリリースされたすべてのセキュリティ機能強化が含まれています。

セキュリティ機能強化が含まれているため、自動的に適用されました。

まとめ

Windows 11 では、毎月多くの機能改善が行われているので、該当する問題が見受けられた場合は、インストールするのも方法です。

手持ちのPCでは、現在特に問題が見受けられませんので、今回も様子見することにしました。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました