PR

Windows Update に KB5029331 (累積更新プログラム)が表示されました

確認したWindowsのバージョン

以下のWindows機で、確認しました。

Windows 10 Version 22H2 PC です。

このように、オプションの品質更新プログラム 2023-08×64 ベース システム用 Windows 10 Version 22H2 の累積更新プログラム (KB5029331) が表示されました。

オプションの品質更新プログラムの内容

KB5029331 は、こちらから確認できます。

2023 年 8 月 22 日 — KB5029331 (OS ビルド 19045.3393) プレビュー - Microsoft サポート

 ハイライト

  • 新機能! この更新プログラムは、Windows が位置情報を検出する方法を改善します。 これにより、天気、ニュース、交通情報が向上します。
  • 新機能! この更新プログラムは、[スタート] メニューの Microsoft アカウントに対する通知の不正アクセスのロールアウトを展開します。 Microsoft アカウントは、Windows を Microsoft アプリに接続するアカウントです。 アカウントは、すべてのデータをバックアップし、サブスクリプションを管理するのに役立ちます。 追加のセキュリティ手順を追加して、アカウントからロックアウトされないようにすることもできます。 この機能を使用すると、重要なアカウント関連の通知にすばやくアクセスできます。
  • この更新プログラムでは、イスラエルでの夏時間 (DST) の変更がサポートされています。
  • この更新プログラムは、検索ボックスの表示に影響する問題に対処します。
  • この更新プログラムは、設定に影響する問題に対処します。 設定アプリの Windows バックアップ ページでトグルをオンにしても、同期されません。

 

機能追加

重要: EKB KB5015684 を使用して、Windows 10 バージョン 22H2 に更新します。

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 この KB をインストールする場合:

  • 新機能!  この更新プログラムは、Windows バックアップ アプリをデバイスに追加します。
  • この更新プログラムは、グループ ポリシー サービスに影響する問題に対処します。 ネットワークが使用可能になるまで、既定の待機時間である 30 秒間は待機しません。 このため、ポリシーは正しく処理されません。
  • この更新プログラムは、D3D12 独立デバイス用の新しい API を追加します。 これを使用して、同じアダプター上に複数の D3D12 デバイスを作成できます。 詳細については、「 D3D12 独立デバイス」を参照してください。
  • この更新プログラムは、キーボード入力をシミュレートするアプリに影響する問題に対処します。 そのアプリは、日本語の文字を他のアプリに送信しない可能性があります。
  • この更新プログラムは、WS_EX_LAYERED ウィンドウに影響する問題に対処します。 間違った寸法で、または間違った位置にウィンドウがレンダリングされる可能性があります。 これは、表示画面をスケーリングするときに発生します。
  • この更新プログラムは、仮想印刷キューに送信される印刷ジョブに影響する問題を解決します。 エラーなしで失敗します。
  • この更新プログラムは、ディスク パーティションに影響を与える問題に対処します。 システムが動作を停止する可能性があります。 これは、ディスク パーティションを削除し、削除されたパーティションから既存の BitLocker パーティションに領域を追加した後に発生します。
  • この更新プログラムは、リモート デスクトップ (RD) セッションに影響する問題に対処します。 複数のアプリが使用中の場合は切断されます。
  • この更新プログラムは、ポリシーの結果セット (RSOP) に影響する問題に対処します。 Windows LAPS “BackupDirectory” ポリシー設定が報告されませんでした。 これは、設定が 1 (“AAD にバックアップする”) に設定されている場合に発生します。
  • この更新プログラムは、 ClickOnce に影響する既知の問題に対処します。 ClickOnce を使用して展開したアプリは、インストールのプロンプトを表示し始める場合があります。 これは、ClickOnce アプリが既にインストールされ、”信頼済み” としてマークされている場合でも発生します。
  • この更新プログラムは、Windows Update for Business を使用するユーザーに影響を与える問題に対処します。 サインイン時にパスワードの変更を求められたら、変更操作は失敗します。 その後、サインインできません。 エラー コードが0xc000006d。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい更新プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

2023年8月23日現在、この更新プログラムに関する既知の問題が存在していますが、2023年8月9日公開の Windows Update ( KB5029244 )にも記載されていた既知の問題が引き続き掲載されています。

現象 回避策
カスタム オフライン メディア、またはカスタム ISO イメージから作成された Windows インストールのデバイスは、この更新プログラムによって Microsoft Edge 従来版 が削除され、新しい Microsoft Edge に自動的に置き換わっていない可能性があります。 この問題は、2021 年 3 月 29 日以降にリリースされたスタンドアロン のサービス スタック更新プログラム (SSU) を最初にインストールせずに、この更新プログラムをイメージにスリップストリームすることで、カスタム オフライン メディアまたは ISO イメージが作成された場合にのみ発生します。

Windows Update に直接接続して更新プログラムを受信できるデバイスは影響を受けません。 これには、Windows Update for Business を使用するデバイスが含まれます。 Windows Update に接続しているすべてのデバイスは、SSU と最新の累積的な更新プログラム (LCU) の最新バージョンを追加の手順なしで常に受け取るはずです。

この問題を回避するには、LCU をスリップストリームする前に、2021 年 3 月 29 日以降にリリースされた SSU をカスタム オフライン メディアまたは ISO イメージにまずスリップストリームしてください。 Windows 10, バージョン 20H2 および Windows 10, バージョン 2004 で今使用される SSU パッケージと LCU パッケージを組み合わせてこれを行うには、組み合わせたパッケージから SSU を抽出する必要があります。 次の手順で、SSU を抽出します。

  1. 以下のコマンド ライン (KB5000842 のパッケージを例として使用) を使用して、msu から cab を抽出します: expand Windows10.0-KB5000842-x64.msu /f:Windows10.0-KB5000842-x64.cab <コピー先のパス>
  2. 次のコマンド ラインを使用して、以前に抽出した cab から SSU を抽出します: expand Windows10.0-KB5000842-x64.cab /f:* <コピー先のパス>
  3. 次に、この例では、SSU-19041.903-x64.cab という名前の SSU cab を得られます。 このファイルを最初にオフライン イメージ、次に LCU にスリップストリームします。

影響を受けるカスタム メディアを使用して OS をインストールしてこの問題が既に発生している場合は、新しい Microsoft Edge を直接インストールすることで、この問題の発生を軽減できます。 ビジネス向けに新しい Microsoft Edge を幅広く展開するする必要がある場合には、「ビジネス向けに Microsoft Edge をダウンロードして展開する」をご覧ください。

2023年8月9日公開の Windows Update ( KB5029244 ) で問題が見受けられない場合は、影響がないと思われますが。

2023-08 x64 (KB5029847) 向け Windows 10 Version 22H2 用 .NET Framework 3.5、4.8 および 4.8.1 の累積的な更新プログラムのプレビューが自動適用されました

今回、 .NET Framework3.5、4.8 および 4.8.1 の累積的な更新プログラムのプレビュー が、同時に自動適用されました。

KB5029847 は、こちらから確認できます。

2023 年 8 月 22 日-KB5029847 .NET Framework バージョン 22H2 の.NET Framework 3.5、4.8、4.8.1 Windows 10 の累積的な更新プログラム プレビュー - Microsoft サポート

概要

この記事では、Windows 10 Version 22H2 の 3.5、4.8、および 4.8.1 の累積的な更新プログラムについて説明します。

セキュリティの機能強化

このリリースでは、新しいセキュリティの強化はありません。 この更新プログラムは累積的であり、以前にリリースされたすべてのセキュリティの強化が含まれています。

品質と信頼性の強化

この更新プログラムと一緒にリリースされた機能強化の一覧については、この記事の「関連情報」セクションの記事のリンクを参照してください。

 

この更新プログラムの既知の問題

マイクロソフトでは、この更新プログラムに関する問題については、現在のところ何も把握していません。

プレビュー版ですが、自動適用されます。
既知の問題がない状況を考えると自動適用で構わないと判断しました。

自動的にインストールされると、「今すぐ再起動する」が表示されました。

再起動すると途中1回再起動が発生し、適用されました。

まとめ

現在、特に不具合は見受けられませんので、KB5029331 は、様子見としました。

2023-08 x64 (KB5029847) 向け Windows 10 Version 22H2 用 .NET Framework 3.5、4.8 および 4.8.1 の累積的な更新プログラムのプレビューが自動適用されました。
「今すぐ再起動する」をクリックして、再起動させたところ、途中再起動が、1回発生しました。


セキュリティ更新プログラム リリース スケジュール (2023 年) は、こちらから確認できます。

/blog/2022/11/securityupdatereleaseschedule2023/

次回のセキュリティ更新プログラム公開予定日は、日本標準時2023 年 9 月 13 日 (水)となっています。


毎月の更新プログラムリリースについては、こちらから確認できます。

Windows クライアントのリリース サイクルを更新する - Windows Deployment
Windows クライアントが生産性と保護を維持するための更新プログラムのリリース サイクルについて説明します。

 

Windows 10 リリース情報については、こちらから確認できます。

Windows 10 - release information
Learn release information for Windows 10 releases

 注意

Windows 10 の最終バージョンはバージョン 22H2 で、2025 年 10 月 14 日にサービスが終了します。

タイトルとURLをコピーしました